トップページ > 会社沿革

会社沿革

会社沿革 目次

会社沿革当社のこれまでの歩みをご紹介いたします。

S32年 4月
東京都港区高浜町にて現代表取締役、羽根田實が協和商事として、牛・豚肉・内臓肉・ハム・ソーセージ用加工原料の卸業として創業する。
S42年 4月
協和商事の業務拡大と東京芝浦と場が市場法施行により東京都中央卸市場食肉市場となるにつけ、協和商事の業務の一部を引継ぎ協和食品株式会社を設立。
S53年 6月
岩手県前沢町南塔ヶ崎に当社工場を建設する。用地3,300u、建物660u。
S53年 8月
東京都大田区大森工場跡に多目的ビルを完成。延べ面積1,600u。
北海道札幌市西区にて札幌営業所を開設、営業活動に入る。
S55年 7月
岩手営業所を、別法人岩手協和食品株式会社及び岩手フード株式会社として分離独立し、製造部門を担当する。
S57年 4月
札幌営業所、西区手稲より東区北九条に移転。
S59年10月
外食部門、焼肉レストラン「花十番」を港区麻布十番に開店。
S61年 4月
岩手新工場建設竣工、用地5,000u、工場面積約2,000u。
S61年11月
外食部門2号店「花十番」を目黒区自由が丘に開店する。
S63年11月
義経食品株式会社の全株式を取得しグループ化する。
花巻市に本社製造部門として、有限会社花巻協和食品を設立。
H元年10月
京浜島に新本社工場竣工。用地約1,000u、建物約2,000u。
H 2年 4月
札幌営業所を札幌協和食品株式会社として別法人化する。
H 2年 9月
外食部門3号店「もつ焼きとんとん」を品川駅前に開店。
H 7年 3月
関連会社義経食品株式会社の旧工場を全面改築竣工完成。
建坪1,061u
H 8年 6月
岩手フード株式会社旧工場を全面改築竣工完成。
H11年 7月
京浜島センターから川崎市東扇島日本食肉流通センターに移転。新工場竣工。
H16年 4月
外食部門4号店「焼肉酒房 燔家」を品川駅前に開店。
H21年 4月
外食部門5号店「炭火焼ホルモン酒場 元気家」を品川駅前に開店。
H22年 4月
協和食品大和センター開設
H22年 10月
港区港南から品川区北品川に本社移転。本社ビル竣工。
H25年 5月
日本食肉流通センターから東京部分肉センターに移転。品川物流センター開設。

ページトップへ戻る

組織図

組織図
ページトップへ戻る
Copyright(C) 協和食品株式会社 All Rights Reserved.